金利ゼロキャッシング

金利ゼロキャッシングなら18%より安い低金利キャッシングローンのプロミスがお得です!!

おすすめ消費者金融ランキング

1位 プロミス 即日融資かつ無利息期間が心強い!

200*200

 

プロミスのメリット
■プロミスは消費者金融で一番低金利! 4.5〜17.8%

 

■30日間の無利息キャッシングも可能!(初回限定でメールアドレス登録、WEB明細の利用が条件)

 

■即日融資もできる 

 

■土日も振込に対応(三井住友銀行か、ジャパンネット銀行の口座があることが条件)

 

■安心して返済可能! 10万円借りても月々4000円の返済♪

 

プロミスに申し込むならばコチラ

 

 

2位 モビット WEB完結申込みで誰にも秘密で利用できるのが強み!

お二人 200x200

 

モビットのメリット
■WEB完結申込みなら、電話連絡なしで、郵送物もなしで、借入ができる!

 

■今すぐお金が必要というときも安心の即日融資。電話をかければさらに急いで即日融資!

 

■安心の低金利 4.8〜18.0%

 

■平日の9時00分から14時50分までに振込の手続きが完了すれば、即日振込にも対応!

 

■モビット公式スマホアプリがおすすめ! 本人確認書類や収入証明書類などをスマホで撮影すれば、簡単に送信可能!

 

 

モビットに申し込むならコチラ

 

 

3位 アコム 無利息期間最大30日! 即日融資も業界最速!!

アコム

 

アコムのメリット
■最大30日間の無利息期間! (初回限定)

 

■業界最速の即日融資! 最短なら審査回答まで30分以内

 

■借入限度額が50万円以下は原則所得証明書不要!

 

■消費者金融の高水準金利 4.7〜18.0%

 

■楽天銀行の口座があれば、24時間365日いつでも振込可能!

 

 

アコムに申し込むならコチラ

 

おまとめにおすすめ低金利のオリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

 

オリックス銀行カードローンのメリット
■銀行業界トップレベルの低金利! 3.0〜17.8%

 

■借入限度額800万円 使い道自由!

 

■最短即日審査!

 

■希望限度額300万円以下は所得証明書不要!

 

■来店不要! 申込みから借入、返済まですべてweb上で手続可

 

■提携ATMは終日、借入・返済手数料が無料!

 

 

オリックス銀行カードローンの詳細はこちら

 

 

金利ゼロキャッシングなら金利が18%より安いキャッシングローンのプロミスをおすすめします

金利ゼロキャッシングは便利ですよね。

 

金利ゼロキャッシングはその名前の通り、無利息期間ありでお金を借りれるので、利息の返済が心配という人にも向いているサービスです。

 

たとえば、大手消費者金融のプロミスとアコムの金利ゼロキャッシングを利用するのなら、初回の申込み限定で最大30日間も無利息でお金を借りることができますよ。

 

30日間も無利息で借りれれば、お給料日がきて無利息期間以内に完済してしまうことも十分可能ですので、利息はまったくかかりません。

 

これならば、ちょっと飲み会があるからお金を借りたい、旅行へ行くために一部足りない資金を補いたいなどで気軽にキャッシングできますよね。

 

金利ゼロキャッシングを利用し、お金を無利息期間のうちに完済すれば、低金利が自慢のメガバンクの銀行カードローンよりもお得にキャッシングをすることも可能なんてプロミスやアコムもすごいお得なサービスをつくったものです。

 

ちなみに、消費者金融プロミスとアコム、キャッシングを申し込むのならどちらがお得かご存じでしょうか。

 

どちらも金利ゼロキャッシングが利用できますし、即日融資も可能な消費者金融です。

 

金利が18%よりも安いプロミスでまずは最初にキャッシング申込みをしましょう

もし、あなたがお金を借りる時に支払うことになる金利を少しでも安くしたいのなら、貸付金利の上限金利が18%よりも低い大手消費者金融のプロミスをおすすめします。

 

プロミスとアコムの金利を比較してみると、プロミスの金利は4.5%〜17.8%、アコムの金利は4.7%〜18.0%なので、アコムの方が0.2%ほど金利が高くなります。

 

私なんかは、すごくケチな人間なので、もし色々な出費が重なって金利ゼロキャッシングの無利息期間をまたいでしまったらと考えると、やっぱり、少しでも金利が低い消費者金融を使いたいと思います。

 

その点に関しては、消費者金融プロミスは心配いりません。

 

プロミスの金利は消費者金融でもトップレベルの安さです。

 

なにしろ、他の多くの消費者金融の上限金利は18%であるところ、プロミスの上限金利は18%ではなく17.8%です。

 

ちなみに、大手消費者金融の上限金利は大体のところが18%なのですが、中小の消費者金融になると金利が18%どころか20%のところも出てきます。

 

これらのことを鑑みれば、プロミスがいかに顧客にとって親切な消費者金融なのか分かって頂けるのではないでしょうか。

 

以上のことから、金利ゼロキャッシングをするときも、無利息期間をまたいで返済することになる可能性も一応考慮して、まずはプロミスでお金を借りることがおすすめです。

 

確実に金利ゼロキャッシングの無利息期間中にお金を完済できる目処が立っているのなら、プロミスとアコム、どちらでも良いでしょう。

 

1万円を3日借りてもプロミスなら返済利息は14円ですか!?

プロミスの利息がどれくらいなのだろうと不安に思っている人のために、金利ゼロキャッシングを利用しないで普通にプロミスでキャッシングをしたときの返済利息について解説します。

 

実は、プロミスの返済利息は安いです。

 

アコムやモビット、アイフルやノーローンなどと比較しても、上限金利が18%よりも安いので、その分返済利息も安いもので済みます。

 

ちなみに、プロミスの上限金利である17.8%で、1万円を4日間借りたとしても、借りた当日は利息がつきませんので、プロミスへ支払う利息は3日分です。

 

利息の計算式は以下のようになります。

 

10000円×17.8%÷365【366】日×3日=14.65014円 ※1円未満は切り捨て

 

よって、1万円を3日借りて支払う利息は約14円。

 

これなら、利息が安いので、安心して気軽にキャッシングができますよね。

 

一方、金曜日の夜にATMの普通預金口座から自分のお金を下ろしたとき、そこにはほとんどの場合、時間外手数料として216円が発生しますよね。

 

これって、本来、自分のお金を下ろしているだけなのでおかしいんじゃないかと思ってしまうのは私だけでしょうか。

 

プロミスから金曜の夜に1万円を借りて、月曜日に完済してしまえば返済利息は14円。

 

ATMで自分の普通預金口座のお金を、金曜の深夜や土日祝日に下ろした場合はATM手数料が216円。

 

あれ。

 

お金をプロミスからキャッシングで借りた方が、216円-14円で、差額約200円分お得じゃないでしょうか。

 

なので、私はプロミスのキャッシングと自分の口座と、曜日や時間帯によって、お金を引き出す口座を使い分けることをおすすめします。

 

消費者金融のキャッシングは、一つの自由に使えるお財布というイメージを持って利用するのが、お得にお金をやりくりするためのコツではないかと思います。

 

ちなみにですが、プロミスのキャッシングをするときのATM手数料ですが、プロミスATMと同じく提携銀行である三井住友銀行のATMを利用すれば、借入・返済の手数料は終日無料ですよ。

 

ファミリーマートやミニストップ、ローソンも返済のときは、夜間であっても休日であっても手数料かかからないというのが嬉しいですよね。

 

プロミスATMと三井住友銀行のATMは、どちらも全国に展開する金融業界だけあって、全国どこにでもありますので気軽にキャッシングで必要資金を手に入れましょう。